ロゴ
HOME>イチオシ情報>腕章で所属機関を明示しよう【目立つデザインでアピール】

腕章で所属機関を明示しよう【目立つデザインでアピール】

色見本

オリジナル腕章を作る術

企業やサークルなどの所属先を示す腕章の作り方として、腕章を専門業者に依頼して作成する方法があります。スタッフジャンパーなどを身につけられない時や、スーツを着用している方でも身につけやすく便利です。腕章作成の専門業者では、必要な枚数に応じて少数からも発注可能としているところも多くなっています。カラーは、他の腕章とデザインが被りにくくなるフルカラーによるプリントも可能となっているので、デザイン性を高くする事が可能です。種類は大まかに分けて2種類あり、クリップを使用して身につけるタイプのものか、安全ピンを使用して身につけるタイプのものから選択して発注することになります。クリップ付きのものは、身につける際に服に穴を開けなくても大丈夫なので人気です。

印刷機

デザインはプロにお任せ

腕章を作成する際にデザインの候補や入れたい文字は決まっているが、きちんとしたデザイン案がまとまらないという場合には、業者にデザイン案を渡して手直ししてもらう方法がオススメです。また、入れたい文字などが決まっている場合は、デザイン全般は業者に任せる事も出来ます。発注方法は、手書きで作ったデザインを依頼の際に業者に送る方法やソフトを使用して作ったデータを渡す方法があります。仕上がったデザインを依頼者が確認してから、製作してもらえるので安心です。あらかじめ、デザインの候補をサンプルとして用意している業者もあるので、基本デザインに好きなデザインをプラスする方法もあります。文字の部分を刺繍で入れるなど、高級感を出す事もでき好評です。